芸能人

ピエール瀧の初公判内容、懲役1年6ヶ月求刑。現在の薬物依存治療や今後の活動に言及。更生サポートの妻が嘆願書

ピエール瀧被告初公判内容!!懲役1年6ヶ月求刑!!


コカイン使用で逮捕された電気グルーヴ・ピエール瀧被告(本名=瀧正則52歳)の初公判が5日に行われました。

ピエール瀧被告の初公判は5日午前10時半から東京地方裁判所で開けれたのですが、一般傍聴席21席に対して1266人が傍聴を希望し、倍率は約60倍となっていました。

ちなみに、抽選倍率の過去最高は”のりピー”こと酒井法子さんの裁判で330.75倍(応募人数6615人)で、同じく覚醒剤事件を起こした元プロ野球選手・清原和博さんの裁判は188.45倍(応募人数3769人)、CHAGE and ASKA・ASKAさんの時で約126倍(応募人数2646人)となっていました。

起訴状によると、ピエール瀧被告は3月12日ごろ、東京・世田谷区内にあるマンションでコカインを若干量吸引したとされ、黒のスーツ姿のピエール瀧被告は起訴内容を認めました。

検察官はピエール瀧被告のコカイン使用について、「(瀧被告は)20代ごろからコカインなどの違法薬物を使っていた。ミュージシャンの仕事が多忙で、ストレスを発散したいと考えて摂取していた」と語りました。

ピエール瀧被告に対し検察側は懲役1年6ヶ月を求刑、即日結審となり、判決公判は18日午前11時から行われます。

ピエール瀧被告の妻が綴った嘆願書内容とは!?


弁護人が、ピエール瀧被告の妻が綴った嘆願書内容を読み上げた。

「夫がこのような事件を起こしてご迷惑をおかけしたことを、妻として深くおわび申し上げます。生活の違いから夫が深夜に帰ってきても会話が少なく、(夫が)ストレスや悩みを相談できなかったことに気づきました。」「寂しさやストレスから薬物を使ったのだと思います。私なりにできることをし、注意した監督して行きます。」

とし、弁護側は犯罪現場のマンションを解約したことや、薬物治療の通院は8回していることを明かしました。

また、ピエール瀧被告は週1回ペースで薬物依存の治療プログラムに通っていることを明かした、

「本当は関係者に謝罪に行かなければいけないところですが、外には出られない状況で、料理や家事を率先してやり、家族をサポートしています。」

と現在の状況を説明しました。

そして、取り調べでコカインの入手ルートなどを明かし理由について、

「使っている時から、違法だということは分かっていて、いつかはやめなきゃいけないと思っていた。逮捕をきっかけに、そういう世界から足を洗おう、やめようと思って、そのためには全てを正直に話すことが必須だと思った。」

と答えています。
最終弁論では「2度と薬物に手を出さないと誓います。」と述べました。

ピエール瀧被告の現在の薬物依存治療状況


4月4日に仮釈放後は静かな環境の病院へ行き、その後は東京・小平市にある薬物依存治療にも力を注いでいる病院に通院しています。担当の精神科医師のは、

「ピエール瀧被告の薬物依存度は軽症と認識しています。精神科医師の中では用いられる米国の基準がありますが、ピエール瀧被告が該当したのは11項目中1項目でした。以前に比べ薬物の使用量が増えたという項目です。」

と明かしました。
また、ピエール瀧被告が薬物をやめられる可能性については、

「確率論として言えば、やめられる可能性が高いと思います。薬物の重症度は低いです。精神的にも健康な状態であり、友人・知人のサポートも受けています。薬物問題からの回復は担保されています。」

としています。

薬物依存の患者同士で思いを吐き出し、更生していくことを目指すグループ療法による治療を行なっているといい、刑が確定後も半年弱は病院に通い、薬物からの脱却を目指す予定です。

ピエール瀧被告には多くのファンがおり、擁護する声が多いものの、薬物事件によるダメージはかなり大きく、再び薬物に手を出してしまう可能性も十分あり、まだまだ今後が不安ではありますが、家族や石野卓球さんら周囲にこれ以上の迷惑をかけないために、薬物からの完全脱却を目指して治療を頑張ってほしいです。