芸能人

元ジャニーズだった男性芸能人3選!

2016年早々、SMAPの分裂騒動が大ニュースとなったジャニーズ事務所。ジャニーズ事務所を辞めてなお芸能活動を続けることは皆無なのだと感じた人もいるのではないだろうか。しかし実際には、少年時代にジャニーズだったけれど、現在は俳優、モデル、タレントなどで活躍している男性芸能人も少なくない。最近人気の若手芸能人男性の中から、元ジャニーズだった人物を3人ピックアップしてみた。


ONE OK ROCK・TAKA(歌手)


若者から絶大な人気を誇る音楽グループONE OK ROCK のヴォーカルTAKAは、13歳の頃ジャニーズ事務所に入り2003年にはグループ所属でデビューしている。しかし、彼が大御所演歌歌手の森進一と森昌子の子供であることが世間に公表されると、「親の七光り」などと言った心無いバッシングが殺到。TAKAはデビュー後たった3か月で自らジャニーズ事務所を辞めたそうだ。その後、高校も中退しバイトをしながらロックバンドで歌っていたTAKAだったが、現在のONE OK ROCKメンバーのToruと出会ったことで、新たなスタートをきることとなる。彼のことを知らずに曲を聴いた人は、「外国人が歌っているの?」と感想を漏らすほど、その発音の良さも話題になっているようだが、日本のフィギアスケート選手・羽生結弦が彼らの歌を演技前のルーティン曲にしていることは、大変有名な話である。


大倉士門(モデル)


2015年、「行列のできる法律相談所」(日テレ系)に出演した大倉士門。モデル、タレントとしてすっかりテレビでも見慣れた顔になってきている彼だが、実は2009年にジャニーズ事務所に所属し「元関西ジャニーズJr」だったようだ。その後ジャニーズ事務所を退所した彼だが、日本大学法学部政治経済学科への大学進学をきっかけに上京したことから、今度は「読者モデル」としてデビュー。2011年には「日本大学のミスターコンテストで準グランプリとなったこと」をブログに更新し、感謝の思いを述べながらも悔しさを滲ませた。2014年には芸能事務所へ所属し、モデルやタレントとして幅広く仕事をするようになった大倉。彼のブログではファンからの様々な質問にフレンドリーに返答し、短いにいるイケメン的存在で人気を得ているようだ。


浅香航大(俳優)


今年1月、出演舞台「AZUMI幕末編」で元AKB48の女優・川栄李奈と共演し、彼女の「初ロマンスの相手」として報じられた俳優の浅香。2人の交際について真意は定かではないものの、報道後、自身のツイッターを更新した彼は『新年早々お騒がせしました。女優さんとしても女性としても素晴らしく、尊敬出来る方』と川栄についてコメントしている。これまでにも、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」や映画「桐島、部活辞めるってよ」などに出演し、昔ながらの美形男子ぶりにジワジワ注目を浴びているようだ。そんな彼も12歳の時にジャニーズJr.のJ.J.Expressに所属し、16歳で脱退していることが分かっている。