芸能人

ビートたけし離婚!!妻幹子と協議離婚成立し不倫相手と再婚へ?結婚40年で別れた理由は愛人との関係・・・・

ビートたけしさん(72)が約40年連れ添った妻・幹子さん(68)との協議離婚が5月に成立していたことが明らかになりました。

ビートたけしさんの離婚成立は『スポーツニッポン』や『日刊スポーツ』が報じており、ビートたけしさんは以前から幹子さんと離婚に向け話し合いを続けていたのですが、5月中に協議離婚が成立していたことを関係者が認めたとのことです。

結婚40年で離婚した理由とは?


ビートたけしさんは幹子さんは1978年に出会い、同棲生活を始め、1981年3月に長男・北野篤さん(きたの・あつし38歳)、1982年10月に長女・北野井子(きたの・しょうこ36歳)が誕生、この時点では事実婚状態で1983年に婚姻届を提出しました。

しかし、結婚前から女遊びが激しかったビートたけしさんはその後も様々な女性と不倫交際し、別宅などで逢瀬を重ねており、1986年には当時女子大生のRさんが17歳の時から不倫交際していたことを週刊誌『フライデー』にスクープされ、これがフライデー襲撃事件に発展しました。

ビートたけしさんとRさんの関係はその後も続き、1990年ごろにはRさんが女の子を出産し、ビートたけしさんはこの隠し子を認知したという話がある一方、認知を拒否したことが原因で破局したという報道もあります。

ビートたけしさんはその後も、グラビアアイドルとして人気を博した細川ふみえさん、女優・大家由祐子さんらと不倫交際が相次ぎ報じられながらも、幹子さんら家族のもとへ定期的に帰り、自身のギャラも幹子さんや長男・北野篤さんが代表を務める会社へ振り込む形となっていました。

しかし、2012年に18歳年下のA子さん(53)と出会い、不倫交際が始まって以降は『カミさんのところへ帰ったことはない。今のおネエちゃんが一番良い!!』などと公言するようになったとされ、現在所属する個人事務所『T.Kゴン』(2015年設立)が2017年からギャラを一括管理する形となり、昨年3月には『オフィス北野』を退職しています。

スポニチよるば、ビートたけしさんは幹子さんとの離婚にあたって、幹子さん側の意向をほぼ全面的に受け入れたそうで、たけしさんの知人は取材に対して、「お金よりパートナーとの将来と人生を選んだようだ」と話ていると伝えています。

Twitterの反応

愛人のA子さんはヤリ手!!


A子さんはかなりのヤリ手の方だと言われており、2014年に『週刊文春』が報じた記事によれば、父親は大手広告代理店の元幹部で、国会議員秘書を経て、地元・熊本で県議会議員も務めたこともあるといい、A子さん自身はかつて関西の高級ホテルでアドバイザーを務め、2009年にホテル事業の関連会社を立ち上げるなどしているそうです。

そんなA子さんは現在、ビートたけしさんの仕事など全てを管理しているとされ、事務所独立騒動もA子さんの存在が大きいという話や、仕事にも色々と口出ししてトラブルが起きているといった話が相次いで出てきており、今後A子さんともし再婚となった場合には、おかしな方向へ進んでいってしまうのではないかと心配になり、今後の活動がどうなるのか気になります。