未分類

艶かしいダンスに女性客が大熱狂! 話題のメンズセクシーショー、イケメンパフォーマーの素顔に迫る

艶かしいライトに照らされ、鍛えた肉体を駆使して官能的に踊るイケメンたち。ステージの下には、とろけるような視線で彼らを凝視し熱狂する女性たち。流行の発信地である表参道で今、女性を熱狂させる新たなショーが話題となっているようです。

「A Men’s Tokyo」のパフォーマーたち

ステージ上を舞う筋骨隆々のセクシーなイケメンたち。熱狂する女性客は、その肉体に触れようと大量のチップを手に身をよじらす

官能的な腰つき、飛び交うチップ……女性客が狂乱する “裸の宴”の内容とは?

冒頭の“裸の宴”の正体は、表参道交差点に面した「カフェ アトランティス」で毎週月曜20時から定期開催されているメンズセクシーエンターテインメントショー「A Men’s Tokyo」。客はほぼ100%が女性。チケットは毎週売り切れ必至の人気ぶりだそう。

20時の開場を前に、19時ごろからすでに30人ほどの行列が。20代から40代後半と思しき女性まで、幅広い年齢層が“裸の宴”の会場を待ちわびる

ボンデージ系から、タオル一枚(!)まで、あらゆる衣装で代わる代わるステージに立つダンサーたち



鍛え上げた筋肉美や流麗なポールダンス、ステージ上を所狭しと舞う情熱的なダンス……。約2時間のショーで次々と女性たちを熱狂の渦に巻き込むイケメンパフォーマーたち。彼らの素顔、パフォーマンスに懸ける思いに迫るべく、翌週のショーのためにリハーサルに精を出す彼らに話を聞きました。

「多種多様なメンバーの“男のエロス”を楽しんでほしい」


話を聞いたのは日本人メンバー6名。左からYUTA、HIROKI、SHUSUKE、RIKU、SOSUKE、YODAI。現在の「A Men’s Tokyo」のメンバーは日本人8名、外国人4名の計12名。プロのダンサーだけでなく、理学療法士などショー以外の本業を持つメンバーも少なくないとか
――メンズセクシーショー、すごい盛り上がりでした。ズバリ、ショーのテーマはなんでしょう?

SHUSUKE 「男のエロス」ですね。日本人の女性って、エッチな話題とか男性を性的な目で見るのがはしたないという価値観があったと思うんですね。でも、今はもうそんな時代じゃない。女性だって男性と同じように“異性のセクシー”を楽しんでいいと思うし、エンターテインメントとして一緒に盛り上がっていいと思う。『いやらしいものだから』という目で見ないで、純粋に楽しんでもらえたら僕らは嬉しいです」

――メンバーのなかで、それぞれ「○○担当」のようなものはあるんですか?

HIROKI そうですね。ダンスが得意、ポールダンスが得意、とにかく肉体美がスゴい……などなど、みんな得意とする分野はあります。

SHUSUKE 得意分野だけでなく、メンバーになった時期や年齢も違うし、ルックスもバックグラウンドも違う。そんな多種多様なメンバーの個性と、それぞれ違う男のエロスをショーでは楽しんでもらいたいですね。ちなみに、僕はポールダンスがメインです。普段はポールダンスのインストラクターもやっています。

YUTA 僕もメインのパフォーマンスはポールダンス。“男のポールダンス”はまだ新しい分野なので、とにかく驚いてもらったり、観終わった後にお客さんの印象に残っているような派手なパフォーマンスを心がけています。

「筋肉を見て楽しんで、じゃんじゃん触ってください(笑)」

SOSUKE ちなみに僕は筋肉担当です。鍛えた筋肉を見に来て、じゃんじゃん触ってください(笑)。

RIKU 僕も筋肉には自信がありますが、強いて言うなら“笑顔”がウリ。最近、歯列矯正してすきっ歯を直したんです。いい感じに笑えるようになりました(笑)。

YODAI 加入して3か月とまだまだ歴は浅いですが、僕も負けないように体を鍛えてます。パフォーマンスで魅せることはもちろん、お酒が好きなので、お客さんと一緒に楽しい酒を一緒に飲んで盛り上がりたいなと思ってます。

「全力で楽しまなきゃ損。全力で欲望を発散させに来て」

――1回のショーで数々の演目が披露されていましたが、日々の練習はどのくらいやっているんですか?

HIROKI 営業前、そして営業後にみっちりリハをしています。内容によってはスタジオを借りて追加で練習することも。お客さんに飽きられてはいけないので、同じ曲をショーでやり続けるのも2か月が限度。つねに新しい曲やダンスを取り入れてます。

――では、メンズセクシーショーを120%楽しむ方法を教えてください!

HIROKI 「男のエロスをとことん楽しめ、やりたいだけやってくれ!」と。恥ずかしがらずにどんどん来てほしいです。恥ずかしがったらもったいないってよくお客さんに言ってます。恥ずかしがってたら損!

YUTA お客さんのなかにはお酒飲むのが好きな女性もいるし、メンバーと話すのが好きな女性もいるし、筋肉美を見てキャーキャーしたいという人もいるかと思います。全部ウェルカムです。「こうじゃなきゃいけない」という遊び方はないので、自分なりの楽しみ方で全力でストレスや欲望を発散してもらえればなと思っています。

SHUSUKE 男性が六本木や銀座で女性のセクシーショーを楽しむのと同じよう、女性にもどんどん見て踊って騒いでもらえたらいいなって。恥ずかしがらずに飛び込んで、どんどんおしゃべりしてワイワイしてほしいです。

推しメンYUTAの股間にショー専用チップを大量投入!

チップを口渡しする女性も……! 周囲からは悲鳴にも似た歓声が

鍛え上げられた大胸筋に、両サイドからダイブ!

頭を抱えられ、照れつつも密着。ショーの合間に話を聞いた女性客からは「とにかく超エロい(笑)。女性ホルモンめっちゃ出てる!」、「目の保養にサイコー。明日からまた頑張れる」といった声も

A Men’s Tokyoのインターナショナルメンバー4人。揃いも揃ってイカツイルックスだが、みな達者な日本語と気さくなキャラクターで女性客から人気を博す

こうして表参道で繰り広げられる、イケメンたちによる“裸の宴”。ボーイズラブ作品や女性向けAVなど、女性が“性”を自発的に楽しむことが一般的になってきた昨今、こうした“メンズセクシーショー”を女性同士が当たり前に観に行き楽しむ時代も、そう遠くないのかもしれない。